結び箸

結び箸

えにしを結ぶ寿ぎのお箸

「結び箸」は世界文化遺産「賀茂別雷神社」の御神紋「二葉葵」をあしらえ「神と人を結ぶ証」「人と人を結ぶ」ことへの願いを込めた上賀茂神社謹製の寿ぎのお箸です。

「結び箸」は晴れの日のお食事のひとときを彩り、新たな縁を結び、「佳き日」の思い出とともにお持ち帰りいただける特別な一膳です。

「結び」の言葉に秘められし想い

結び箸の「結び」は神道の概念「むすひ」に由来し、「苔生す(こけむす)」の「生す」や「息子」「娘」といった言葉の語源ともいわれています。

「結び箸」には生涯を誓い合うお二人のご縁がしっかりと結びつき、「苔の生すまで」続くよう長久の願いが込められております。

心を込めて作る
特別な一膳

福井県の伝統工芸である若狭塗―。なかでも若狭塗箸は特に有名で、国内生産塗箸の80%以上を占めています。
華麗な若狭塗は古くは公家や武家、裕福な商家で使う調度品として親しまれ、文久2年(1862年)皇女和宮が徳川家に御降家の折、支度した塗物をすべて若狭塗で整えられたことでも有名です。

「結び箸」はそんな伝統工芸である若狭塗を用い、熟練の職人の手によって1膳1膳心を込めてお作りしております。

  • “ぎぼし”を象った上品なフォルム

    “ぎぼし”を象った上品なフォルム

  • 紺:23.5cm 赤:22.5cm

    紺:23.5cm 赤:22.5cm

  • 上賀茂神社ご神紋「二葉葵」

    上賀茂神社ご神紋「二葉葵」

  • つかみやすい先角タイプ

    つかみやすい先角タイプ